『つなぐ川プロジェクツ』

YaH株式会社代表の島貫です。

私は埼玉県で幼少期を過ごしました。40年ちかく前のことです。
生き物好きな子どもだったので、昆虫採集をしに雑木林へよく出かけていましたが、
田んぼの用水路では小魚をとって遊んでいました。
水路を塞げるくらいの大きさの網を下流側に置き、上流から棒で水面を激しく叩くと、
バケツがいっぱいになるほど魚が採れました。
今では見ることのできない思い出の中だけの光景です。

みなさんの子どもの頃はどうでしたか?

今の子どもたちは川で遊んだ経験がほとんどないと思います。
子どもたちに「川に近づくな」と言っていませんか?
少子化で子ども自体の数も減ってきて、昔のように川での安全な遊び方やルールを
教えてくれるガキ大将もいなくなりました。
川で遊んでいて溺れて亡くなる子どものニュースが跡を絶たず、
子どもが川に近づくのは怖い。そう思う気持ちはよくわかります。

でも一方で、川で遊んだことがある方は、その記憶から、
子どもに川遊びを体験してもらいたいとも思っているはずです。

安全な遊び方をしてもらえるなら。

そこでYaH株式会社では、川に接する最初の一歩になる道具のキットを開発し、
子どもたちがキットを組み立て、実際に川で使ってみるイベントを企画しました。

道具の使い方だけでなく、道具の歴史、材料のこと、材料の木材が育った森のこと、
そして川での使われ方、川が山と海をつないでいること、川漁師のこと、
川魚のこと、川魚料理、川の文化のこと、川での遊び方、川の災害、
川の恐ろしさまで様々なことに触れます。

道具を通して川を知ってもらい、川に関わる方法を学んでもらいたいと思っています。

川に関わる方法が一つわかれば、子どもたちは自分で調べるようになります。
どんな関わり方をすることが自分にとって気持ちが良いか、
川の未来について自分で調べ、自分で行動できる子どもを増やすことが、
この「つなぐ川プロジェクツ」の目標です。

また、いつか故郷を離れることになる子どもたちにとっては、
川での楽しい思い出が故郷に戻るきっかけの一つになれば、という願いもあります。
サケが水の匂いを覚えていて、いつか生まれた川に帰ってくるように。

そして、川の現状を知ることで、いつか川に関わる道を選んでくれたら、
この「つなぐ川プロジェクツ」は真に成功したと言えるのではないでしょうか。

「つなぐ川プロジェクツ」は、
箱メガネから始まり、川と海,山,人,暮らし,文化…

さまざまなモノ・コトをつないでゆきます。

【事前申込制】8/25(日)『つくる つかう。はじめての箱メガネ』

前回の箱メガネづくりの時は「つくる」だけで「つかう」がありませんでした。
でも、今度は川に入ります。自分でつくった箱メガネをつかってみよう!

令和元年8月25日(日)11:00〜16:00
古民家カフェ わだや [Google map](山形市飽海郡遊佐町吉出字和田3-5)
月光川

参加費:7,000円(当日、受付時にお支払いください)

参加費に含まれるもの:箱メガネキット1個と材料費,保険代,子ども用ライフジャケット
参加費に含まれないもの:飲み物,昼食,ウォーターシューズ(※3),大人用ライフジャケット(※4),遊漁料(※5)

※1. 詳細情報は、申し込みされた方に個別にお知らせいたします
※2. 川遊び単体でのご参加はお断りいたします。必ず箱メガネづくりからご参加くださいますよう、お願いします
※3. 川の中に入るための靴は踵をしっかりと固定できる靴が必須となります。サンダルだとしょっちゅう脱げますので、
 ウォーターシューズ(マリンシューズなど)が望ましいですが、履き慣れた古いスニーカーでも代用できます
※4. 弊社でご用意するライフジャケットは子ども用です。大人用のものはお客様の方でご用意いただくことをお勧めいたします
※5. 遊漁料について、小学生はかかりませんが、大人は採捕行為をした時、遊漁料の支払いが必要になります。
 同行される保護者の方、もしもご自分でも魚を採りたいという時は、予め遊漁証を購入されることをお勧めいたします。
 なお、月光川における遊漁証はファミリーマート遊佐町小原田店で購入することができます。
 遊漁料は山形県内水面漁業協同組合連合会の《公式サイト》をご覧ください。
 弊社では販売しておりませんのでご了承ください

対象:小学生(ただし4年生までは保護者同伴)
定員:10組
申込:申込みフォームの必要項目にご入力ください
問合せ:問合せフォームにご入力ください

※キットや材料を準備する都合上、事前申込をお願いいたします。
※内容・参加費など予告なしに変更することがあります。予めご了承ください。

主催:YaH株式会社


【一日のおおまかな流れ】

[①つくる]
[②つかう]
[③観察する]

前回の様子,その他のトピックはWebサイトのInformationInstagramをご覧ください。

【参加者募集中・要申込】7/27『つくる。はじめての箱メガネ』

間もなく梅雨が明けますね。
これから来る暑い夏を楽しく過ごすために,夏休みの思い出づくりに,親子のふれあいに,
また遊佐町民花火大会が始まるまでの時間を楽しくするために
人と自然をつなぐ小道具をつくりませんか?

箱メガネは人と川との距離感を縮めます。
これがあれば、身近な川の見えなかった姿が見えるようになります。
今まで何気なく見ていた風景が変わって見えますよ!

当日の内容

  1. イントロダクション
  2. 箱メガネをつくる
  3. 会場前を流れる月光川の散策

[こんな方におすすめ]

  • 自然体験したい!
  • ものづくりに関心がある!
  • 木育に興味がある!
  • 川遊びしたい!
  • 知りたい!森のこと,川のこと,海のこと,自然のこと!!!
※接着剤やコーキング材が乾くのに半日程度かかるため、
月光川散策の時には、つくった箱メガネを使うことができません。
そのため、箱メガネづくりに参加された方限定で、
使うイベントを後日開催予定です。

   § § § § §

日時:令和元年7月27日(土) 13:00開始(12:30開場) 15:30終了予定
場所:古民家カフェわだや(山形県飽海郡遊佐町吉出字和田3-5)
参加費:4,500円(箱メガネキット1個と材料費,保険代ほかを含む)
対象:小学生(ただし4年生までは保護者同伴でお願いします)
定員:10組程度
申込:下記のリンクから申込フォームにご入力ください。
キットや材料を準備する都合上、事前申込をお願いいたします。

https://form.run/@hakomegane

問合せ: http://動く専門旅行会社yah.jp/messagecard/ (ホームページ内「MessageCard」)

主催 YaH株式会社

参加者募集中『登山が楽になる安心技術講習会(要申込)』

山の専門家をお呼びして講習会を開催します。
登山初心者の方,登山に興味がある方,楽に登山がしたいと思っている方向けのお話です。
   ◆   ◆   ◆
日時:2019年2月28日(木)18:15開始(18:00開場)21:00終了
場所:YaH株式会社(山形県酒田市新橋二丁目26番地の20 LIGHTHOUSE 2階 大会議室)

対象:
・登山初心者
・登山に関心がある方
・楽に登山がしたいと思う方
・登山医学に関心がある方
・トレイルランに関心がある方 など
定員:30名

参加費:1,300円(当日支払い)
申込方法:以下のフォームに入力してください
https://form.run/@rakuninaru0228

講師:熊谷 久美子 氏
講師プロフィール:
登山歴14年。登山以外にも日本山岳耐久レースなど全国のトレイルランレースに出場。地元秋田県での大会開催の夢を仲間と実現し、昨年は第五回目を終えた。
看護師として、総合病院で救急や整形領域、がん医療に携わる一方で、四年前から本格的に「登山医学」を学び始める。
多くの山岳レースや国際アドベンチャーレースの救護に関わり、自らの遭難経験も経て、山岳事故を防ぐため活動を広げている。
「登山中のセルフケア」「ラクラク登山と安全下山方法」を多くの 登山者にわかりやすく伝えることがライフワーク。
昨年は、北アルプスのとある山小屋で勤務。

主催:YaH株式会社( http://xn--yah-073b555nxxe3tshns573bdq5aim4a.jp/

PCJC2018に参加してきました!②

【PCJC2018の目的】

パーマカルチャー・センター・ジャパンの設楽代表が、PCJC2018のオープニングとカンファレンスの冒頭でこの全国会議の目的について語ってくださいました。

それは、
①パーマカルチャー東アジア地域にネットワークはない。そして、日本にもない。日本各地でパーマカルチャーの活動を続けているPDCの卒業生たちがいるが、それぞれのグループを結ぶ関係性をつくらなければならない,
②ビル・モリソン亡き後、パーマカルチャーの考え方が、古く陳腐なものにならないようにするためには、それを継ぐ者たちが、彼の目指したものを共有し、持てる力の範囲内で新しいパーマカルチャーを生み出し、より質の高いものにしなければならない,
③持続可能な社会・暮らし・地球をつくっていく時、パーマカルチャーに何ができるのか、答えはまだ出ていない。パーマカルチャーに関わる人たちが大勢で考えながらパーマカルチャーの質を高め、一つ一つ実体化していく。そういう意識をみんなで共有する必要がある,
以上の三つに取り組むためのプラットホームをつくりたい。組織ではなく、みんなが乗っかれる場をつくりたい。
これが今回の全国大会の目的ということでした。

日本全体のパーマカルチャーが、各地のグループをつなぐ場をつくろうとしているのと同じように、私も庄内の,東北日本海側の,あるいは東北のネットワークがつくれないかと思っていました。岩手や福島にはパーマカルチャーの活動を長年続けている人達がいます。山形にも数人いるそうです。しかし、そういう人たちをつなぐ場づくりは進んでいないと感じています。パーマカルチャーの活動家たちは「ヒエラルキーを押し付けられることを嫌う」と設楽さんは言います。だから、必要なのは「みんなが関わり合える場づくり」です。

パーマカルチャーはYaHに対して一つの軸を示してくれるのではないか。私はそのように期待してパーマカルチャーを捉えています。緑の本には「農的」とありますが、パーマカルチャーは決して農業だけの手法ではありません。日本の先人たちを眺めてみれば、建築家もいればガーデナー,木こり,コミュニティデザイナーやアーティストもいます。全員が農業者というわけではなく、それぞれが自らの専門を切り口にしてパーマカルチャーに取り組んでいます(畑をつくったり、一部で「農」に触れている人は多いのかもしれません)。私は「旅」という切り口でパーマカルチャーを解釈してみたいと考えています。今までにはない切り口で、うまく行くかどうか手探りになると思いますが、パーマカルチャーが会社の重要な軸となって、持続可能な企業としての新しい道を照らしてくれるのではないかと期待しています。

PCJC2018に参加してきました!①

【私と「パーマカルチャー」の出会い】

事例紹介の様子

カンファレンスのテーマ

カンファレンスの様子

私が最初にパーマカルチャーと出会ったのは、大学で雑木林の文化についての卒業制作をまとめている時のことです。指導教官から緑の本を紹介されました。パーマカルチャーを学ぶ人にとって最も有名な本だと思います。その時は読もうとしてもなかなか理解できず、軽く全体を通して見ることくらいしかできなくて、その本は私にとって「いつか読破したい本」になっていました。その緑の本『パーマカルチャー—農的暮らしの永久デザイン—』は、結局今でも読破することができていません。

それでも、あれから18年経つ間に、私はパーマカルチャーに関心を寄せ続け、私なりに歩み寄ってきたつもりです。

まず2013年に北海道伊達市にある《ひびきの村》で開催された「第1回北海道パーマカルチャーデザインコース(PDC)」に参加しました。パーマカルチャーに関わる日本の先人たちから体系的な講義を受け、パーマカルチャーデザイナーとしての基礎を学びました。

そして先月末(2018年9月30日)には、東京渋谷で開かれたPCJC 2018(Permaculture Japan Conference 2018 -Back To The Forest-/ https://pcjc2018.amebaownd.com/)に参加してきました。日本でパーマカルチャーの活動をする人たちが集まる全国会議です。二部構成で、前半は、マルシェやワークショップ,全国のパーマカルチャーの事例紹介など。後半はカンファレンスが行われました。

私はこのイベントに参加することで三つの収穫がありました。一つ目は、第1回北海道PDCの講師の一人であった設楽清和さん(NPO法人パーマカルチャーセンタージャパン代表)を始めとする、パーマカルチャーに関わる仲間たちと再会できたこと。二つ目は、四井真治さん(株式会社ソイルデザイン代表取締役)と会えたこと。四井さんとはFacebook上で6年前に知り合ったのですが、現実世界ではまだお会いしたことがなかった方です。今回どうしてもご挨拶がしたいと思っていました。三つ目は、日本のパーマカルチャーがどこに進もうとしているのかわかったことです。

船を漕ぎ、水の上から見る世界

冬季閉鎖されていた鳥海ブルーラインが昨日開通しました。今は、目が覚めたばかりの鳥海山を見に行く絶好のシーズンです。しかし、今日は鳥海山には出かけず、山登りとは違う分野の材料集めです。酒田のアウトドア・スポーツ用品店、とがしスポーツさんが主催する『新井田川カヤックツアー』に参加してきました。

酒田市平田地域(旧飽海郡平田町)の山間部に端を発する数本の小河川が途中で合流して新井田川となり、酒田市街の東側,山居倉庫の脇を通って酒田港に注いでいます。新井田川の上流方向には鳥海山がうっすらと見えました。

旅行の移動手段としては陸路が最も多いと思いますが、海路・水路も開拓したいところ。いつかカヤックも「動く専門旅行会社」の商品にしたいということで、今後もチャレンジを続けていきます!